日本酒

日本では年祝いといって、還暦(60歳)・古希(70歳)・喜寿(77歳)・傘寿(80歳)といった具合に年齢の節目節目に長寿をお祝いをする風習があります。

還暦になると赤いちゃんちゃんこを着てお祝いをするというのは最も有名な年祝いの風習と言えるでしょう。

これはまだ日本人の寿命が40歳から50歳だったと言われる時代からの名残であり、平均寿命が80歳を超えた現在において60代、70代の方々の大多数はまだまだ元気に過ごされています。

そういう意味では80歳の傘寿以降が現代における長寿のお祝いと言えるのかもしれません。そんな傘寿の次の長寿祝いとして有名なのが88歳の米寿です。

米寿とは米という字を分解すると八十八になる事に由来し、末広がりの八が二つ重なるのはとてもめでたいという事で昔からお祝いをされてきました。

この米寿のお祝いですが、還暦に赤いものを身につけるのと同様に米寿にふさわしい色があり、それは金色・金茶色・黄色とされています。

そこでこれらの色の座布団や扇子、ちゃんちゃんこに頭巾などを用意してお祝いをするのが習わしとなっています。

米寿のお祝いとしてこれだけでも喜ばれるものとなるかもしれませんが、やはり一生に一度の米寿祝いですから、心や思い出に残る品物をプレゼントしたいものです。

日本酒

定番のお花やお手紙や絵などもいいですが、米寿にちなんで米にまつわる物を贈る人も多くいるようで、特にお酒好きな方へのプレゼントには日本酒が人気となっています。

お祝いの席にお酒のプレゼントは相性もぴったりですし、集まった人々みんなで乾杯すれば盛り上がる事間違いなしです。

中にはお酒のラベルに名前を入れてくれるサービスを行っているお店もあるので、米寿を迎えた父へのプレゼントに名入れ酒を贈るという人もたくさんいます。

確かに名前を入れるだけで世界に一本だけの特別なお酒となりますし、飲み終えた後も記念に飾っておける点も魅力的なので、名入り酒に人気があるのもうなずけます。

ちなみに米寿のお祝いをする日に特に決まりはありません。

誕生日や敬老の日、その他何か特別な日があればその日に行っても構いませんし、できればたくさんの人にお祝いしてもらいたいものですから、遠方の方も参加できるようなタイミングで行うというのもいいでしょう。

旅館での食事

お祝いする場所も特に決まりはないので自宅でのんびりとお祝いしたり、ちょっと贅沢に旅行も兼ねてホテルや温泉旅館でのお祝いや、レストランなどの飲食店を借りて食事を楽しみながらお祝いする人も多いです。

とはいえ、お祝いされる方はご高齢となります。祝い事は派手で華やかに行いたいとお祝いする方は考えてしまいがちですが、何より大切なのは主役である米寿を迎えた方です。

体調の面の配慮はもちろんの事、お祝いに対する気持ちも考慮した上で本人の要望を汲み、思いやりと優しさ、慈しみをもって、家族全員が感動するような米寿のお祝いができると素敵ですね。

 

その他おすすめ記事→酒好きな父への米寿祝い

カテゴリー: プレゼント