還暦祝いのために選ぶプレゼントは赤色の品の中から選定するのが良いというのはよく知られている事ですが、それには明瞭な意味合いがあり赤色は古くから厄除けや魔除けの作用があるためです。

そのため赤色のちゃんちゃんこが代名詞的な品となり、以前はプレゼントの定番になっていましたが、現代の60歳はかつてに比べ元気に過ごしている方が多いですし、実際に現役で仕事をしている方も少なくないので赤いちゃんちゃんこは本人が希望しない限り選択肢から外すべきです。

そこで、現代の還暦祝いで人気を集めているのは実用性に長けている品であり、女性の場合だとお財布が選ばれる事が多いです。

還暦祝いにおける相場は母親や祖母ではおよそ5千円から2万円になっており、良い財布が手に入れられる相場と合致しているので選びやすいという側面もあります。

しかも、赤色のお財布はお金を舞い込むという意味もあるので、日頃から気になっている方も多く貰った時に嬉しさが一入です。

全体的に赤色だと気恥ずかしい気持ちを抱くのなら、ピンポイント的に赤色が配色されているタイプだと普段のお出かけやお買い物で使用するのに抵抗感が無いですし、一見して還暦祝いで頂いた物であるという事もわかりません。

数ある種類の中で選ぶべきなのはできるだけ収納性に長けているタイプであり、どのようなサイズと形状のカバンでも難なく入れられる物だと尚良いです。

財布のように大きな物だと仰々しく感じてしまうのなら、小さな小銭入れをプレゼントしてみるのも良い方法であり、小銭入れなら物理的に小さいので全体が赤色でも抵抗感が無いですし、持ち物の中で良いアクセントになってくれます。

小銭入れを贈る事に決めた時には購入後そのまま渡すのではなく、値段が感じられる要素などを取り除いた上で、中にひっそりと5円玉を入れておくようにしましょう。

5円玉は古くから縁起が良いと言われている硬貨ですし、お金を舞い込むという言い伝えがあるので、一枚5円玉を入れておくと粋な心遣いができます。

一方、男性の還暦祝いでプレゼントする時には相場が女性よりも高くなり、1万円から5万円の間が平均的です。

贈る相手が日頃からお酒を嗜む趣味があるのならやはり対象物はお酒という事になりますが、いつでも手に入れられる商品ではなく限定生産された物や当人にとって縁がある土地の地酒を選ぶと良いです。

現在では販売されているエリアが限定的なお酒であっても、インターネットを利用すれば手に入れられるようになっているため、お祝いの日が近づいてきたら早めにリサーチして取り寄せを完了させるようにしましょう。

そして日本酒やワインなどのボトルに対し、名入れをして頂けるサービスも多いので、比較的高価なお酒のボトルに名入れして頂けば、消費した後も継続的に思い出の品として手元に置いておく事ができます。

また、今まで忙しく働き家庭を支えてきた男性だからこそ、還暦祝いに旅行をプレゼントしてゆっくり過ごして頂くのも良いでしょう。

 

類似の参考記事→還暦祝いには赤いものを贈ろう!理由やプレゼントの例について

カテゴリー: プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です