古希祝い

古希は数え年70歳を迎えた時の祝い事の1つです。

古希祝いは人生で一度しか訪れないので、大切な父や母にこれからどんなプレゼントを贈ったらいいか迷うという人は多くおられます。

古希祝いは60歳を祝う還暦祝いの次に訪れます。昔に比べると年齢を重ねても若く見える人が増えてきているので還暦祝いと比べると古希のお祝いの方が長寿を祝う節目と捉える人が多くおられます。

還暦祝いのキーカラーは赤ですが、古希祝いのキーカラーはです。

必ずこのカラーが含まれているプレゼントにする必要はありませんが、できるだけ紫に関連したプレゼントを渡すことがおすすめです。

特にプレゼント選びに迷ってしまうという人は色から選ぶのも一つの方法です。

プレゼントを選ぶ際に考えるのはやはり相場です。一概にいくらくらいという基準はありませんが自分の予算内で購入できるものにするということが大事です。

還暦祝いを盛大にお祝いしたのであれば古希祝いには生活に役立つものとか楽にしてくれるものを選んで渡すと喜んでもらいやすいです。

金額は1万円から3万円以内にするという方が多くおられます。

食事

どうしても渡すものが決まらないとか喜んでもらえそうなものがないといった場合には食事会だけを開催するという方法もあります。

食事会だけを開催した方が喜んでもらえそうといった場合にはその時に花束をプレゼントするといいです。食事会だけであれば3万円から5万円以内で済みます。

予算を決めたら次は何を選んだらいいかで悩みます。最も簡単で成功する選び方は、父と母に欲しいものを聞いてみるという方法です。

特に喜んでもらいやすいのは実用的なものになります。体が疲れやすいと感じている父や母にはヘルスケアグッズでもいいです。

またおしゃれが好きなのであればアクセサリーとか洋服もいいですし、アウトドアが好きなのであればそれに関連したアイテムなどだと喜んでもらえることは間違いありません。

日本酒

古希祝いに関連した実用的なアイテムは意外と多くあります。お酒が好きな父であれば、名前入りの日本酒をプレゼントする方もおられます。

名前が入っていれば思い出に残りますしお酒もおいしく飲むことができ実用的なプレゼントになります。

もしも欲しいものがないという両親であれば体験できるものをプレゼントしてみるのもおすすめです。

旅行券を贈ることで旅行に行ってもらえますし、素敵な思い出を作ってあげることができます。

また男性が財布を変えるということはあまりありません。もしもお父さんの財布がぼろぼろになっていたら新しい財布を贈ってみるのもいいです。

実用的なものになりますし裏地が紫のものであれば古希にぴったりです。生活を楽にする生活雑貨もお父さんやお母さんに喜んでもらえます。

よくコーヒーを飲むのであればコーヒーメーカーもいいです。古希祝いのお母さんへの定番は洋服とも言われています。

お母さんの好きなブランドのカーディガンとかセーターなどもおすすめです。

 

参考記事→古希祝いでのプレゼントの選び方

カテゴリー: プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です