傘

長寿のお祝いとして有名なのは60歳を祝う還暦や88歳を祝う米寿ではないでしょうか。しかし、その他にもたくさんの長寿祝いがあります。

70歳を迎えた際には古希、77歳では喜寿、90歳では卒寿に99歳は白寿という名前で祝われています。

その中で80歳の祝いは傘寿と言いますが、これは傘という字を略字で縦書きにした時に、八十という字に見えるからとも、傘が広がる様子を末広がりの八に例えたとも言われています。

長寿大国でもある日本では60歳70歳を元気に迎える人も大勢いるので、80歳を迎える頃から長寿のお祝いとしてしっくりくる人も多いのではないでしょうか。

ちなみに還暦では赤いちゃんちゃんこや頭巾、座布団を用意してお祝いするのが有名な習わしとなっています。

ちゃんちゃんこ

これと同様に80歳のお祝いでは紫の頭巾やちゃんちゃんこ、座布団を用意するのが一般的とされています。

これは紫という色が昔から高貴で気品のある色として扱われ、位の高い人を表す色でもあった事から傘寿を迎えた方への敬意や尊敬の表れだと言えます。

そんな傘寿を迎えるという事は本人はもちろんの事、身内の方々も嬉しく感慨深いものではないでしょうか。

特に両親となると普段なかなかきっかけを掴めない親孝行も兼ねて、心のこもったお祝いと共にプレゼントを贈りたいと考える人も多いはずです。

ではどんなお祝いがいいかについてですが、お祝い方法は何か特別な儀式などはありません。

強いて言えば前述の紫のものを用意するくらいで、一般的には家族や身内で集まり食事会を開いてお祝いする事が多いでしょう。

またプレゼントに関してですが、せっかく贈るのですから心から喜んでもらえるものを贈りたいものです。

傘寿という言葉にちなんで傘を贈る人も多いですし、名前が入ったものを贈れば世界に一本だけの特別な傘となり気が利いた贈り物となるはずです。

また定番ではありますがお花も喜ばれる贈り物の一つと言えます。

しかし菊や椿など縁起が悪いとされているものもあるので、貰う側の好みも考慮しつつ縁起が悪いとされている花を避けて贈る事が大切です。

あとは記念として長く飾っておける贈り物も喜ばれるプレゼントの代表となるでしょう。

例えば思い出の写真をフォトスタンドやアルバムに入れて贈るのもありですし、その中に家族のお祝いコメントなどがあればさらに喜ばれる事間違いないはずです。

他には甘い物が好きな方にはお菓子を、お酒が好きな方ならお酒を、と趣味嗜好に合わせたものも贈りやすいと言えます。

温泉

さらに、もし予算に余裕があるようなら温泉旅行や普段行く機会のないような料亭やレストランに招待するのもありです。

そしてそこで傘寿祝いを行うというのも思い出に残るお祝い兼プレゼントとなるでしょう。どんなプレゼントでも相手を思いやり、心がこもったものであれば嬉しいものです。

贈られる側である両親の事を一番に考えて、思わず笑顔になってもらえるような物をプレゼントできれば一生の思い出に残る傘寿のお祝いになるはずですよ。

参考記事→傘寿には孫まで全員集合してお祝いを!一般的なお祝い方法や意識すべきこと、プレゼントの選び方

カテゴリー: プレゼント