ラベンダー畑

喜寿は77歳のお祝いを行う行事です。

喜寿と呼ぶのは、喜ぶという文字の草書体が「七」の下に「十七」と記載する文字であり、合わせて読むと七十七となることに由来します。

喜寿のお祝いは元来数え年で計算するため、満年齢で76歳のときにお祝いをするのが本来の方法ですが、現在は満年齢か数え年か曖昧に運用されています。

お祝い事にはそれにちなんだ色もあり、60歳の還暦の際は厄よけの意味合いもあり、「赤色」のちゃんちゃんこを着ます。

70歳の古希のお祝いの際は高い位の方しか身に付けられない「紫色」のものを贈ることになっています。このほか、米寿は黄色であり、白寿は白色のものを贈る習慣です。

それでは、喜寿は色が決まっているかということになりますが、古希と同じ紫色です。

よくあるプレゼントとしては、紫色のちゃんちゃんこ・花・テディベア・お酒などさまざまなグッズが選択されています。

その中でもお酒は高いものから安いものまでさまざまなものがありプレゼントとして選択しやすいものです。

お酒の中でも、まず年配の方へのプレゼントとして選択されるものは日本酒のイメージがあります。

日本酒には多くの品種があり用途に応じた酒を選択できます。紫色のものであっても、純米大吟醸など選択肢は多数あり選びやすいです。

シャンパン

一方で、最近人気があるプレゼントとしてはシャンパンを喜寿のお祝いに渡す習慣があります。

シャンパンにもさまざまな種類がありどれを選べばよいか迷います。

紫色のパッケージのお酒にするのかそれともシャンパンの色が紫色のものにするのかどちらも最適なものでありおすすめです。

パッケージの色で選ぶなら選択はしやすいです。箱が紫色であるかラベルがその色かなどさまざまなパターンが考えられます。

喜寿のお祝いの商品は多数販売されていますので、店員さんに確認すれば大きく失敗する恐れは低いです。

せっかくの機会ですので、ドンペリニョンのお酒などでお祝いされると嬉しいものです。

シャンパン

その逆で紫色のシャンパンを選ぶのは苦労します。シャンパンは薄い淡い色のものがほとんどですので選択肢は一気に狭くなります。

その中でもおすすめは、甲州バイオレットです。紫色の飲み物として販売されてます。せっかくの長寿のお祝いなので一度は飲んでみるのもよいかもしれません。

シャンパンは日常的に飲む印象よりも、結婚式やホテルでの大切な会議や催し物のあとの印象が強いものです。

一度しかお祝いできない行事ですので、慎重に選んで満足していただきたいものです。

還暦のお祝いが赤いちゃんちゃんこでこだわるように、77歳も紫色にこだわりたいところです。ぜひ、こだわりのお酒を贈っていただき大事なお祝いをしていただきたいです。

特に77歳の方には、1度は飲んでみたいドンペリニョンが最適と考えます。長寿のお祝いですので、高級なものを味わっていただくことが最適なプレゼントとなります。

一生忘れられない思い出として認識していただくためにも奮発していただくことはいかがでしょうか。きっと最高の喜びを返していただけると思います。

 

参考の関連記事 →喜寿のプレゼントに最適なシャンパン

カテゴリー: プレゼント